慎ましく生きます

中身のないことを書きます

COJTってなに?いいところは?調べてみました!

こんにちは、すずきです。ぼくの取ってる主専攻実験の来年の受講生の募集が始まったので、受講を考えている人向けにつらつらとCOJTについて書いてみようと思います。ハードウェアコースについてはほとんど触れません。

とってるやつ

ぼくの取ってるやつは 情報学群組み込み技術キャンパスOJT(通称 COJT) ソフトウェアコース です。

www.cojt.or.jp

上のページをバーッと読んで貰えればだいたいわかると思います。一次情報に当たるのが1番です。

ざっくりソフトウェアコースについてまとめると、春と秋でそれぞれチーム(1人でも可)にわかれて、何かブツを作ります。テーマは春と秋で違って、春はwebっぽいもの、秋は電子工作っぽいものです。

特徴/いいところ

他の主専攻実験と違うところをあげてみます。

COJT受講生専用の部屋が使える

受講期間中、受講者は学生証(ICカード)で入室登録され、提供される机・計算機・ソフトウェア等の環境を占有して利用できます。"orange"と"green"の2つのOJTルームは、個別空調、小型保冷庫、コーヒーメーカーが設置され、24時間快適に使用することができます。

3C棟2階にオレンジと緑色を基調としたアホ目立つ部屋があります。それがCOJT部屋と呼ばれる部屋です。 オレンジがハードウェアコース、緑がソフトウェアコースの部屋です。 COJTの受講生は24時間好きな時間その部屋を利用できます。計算機室みたいなものです。計算機室よりいいところとして、

  • ディスプレイが置いてある
  • 保冷庫/コーヒーメーカーがある

などがあると思います。

今年はなんとかウイルスのせいで大学に行く機会が少なく使い倒すことができませんでしたが、本来なら空きコマに部屋に遊びに行くなどができたのだろうと思います。

レポートがない

ぼくの友人が取ってる主専攻実験の様子を聞いてみると、レポートを書くのが大変だったりするようです。COJTに関してはレポートがありません。その代わり、春と秋に成果発表会というものがあります。作ったものを発表する会です。 アーカイブyoutubeにあると思いますので、雰囲気を知りたい人は調べてみるといいと思います。

募集が早い

普通の主専攻実験だと、3年生の4月に主専攻実験の説明会みたいなのがあってそこから登録という流れだと思います。しかしCOJTは特殊で、それよりも前に受講生の募集があります。 エントリーシートと自己推薦文を提出して応募完了です。定員オーバーした場合は面談で選考があるようです。僕たちのときは選考がありました。選考といっても10分くらい喋って終わりだった気がします、すみませんあまり覚えていません。

企業の方と話す機会がある

COJTは企業からお金を頂いて運営されているらしいです。表現があってるかはわかりません。 ので、協力企業の紹介の時間があったりします。企業の広報?採用?の人やエンジニアの人が来てくれます。今年はオンラインでした。インターンの募集があったりもするので、これは他の主専攻実験にはないメリットだと思います。

もうちょいあったと思いますが、思いついたら追記します。

思うところ

講義の形式について

わりとガバガバ(失礼)な印象です。普通の講義みたいにガッツリ座学があるわけでもなく、課題っぽいものが出るわけでもないです。

各学期のはじめに、何か作りたいもののアイデアがある人はそのアイデアを共有して一緒にやってくれる人を募ります。 集まった人でチームになって、発表会に向けてブツを作っていく感じです。講師の先生はアドバイスをしてくれる感じです。

他の主専攻実験について詳しく知らないのでなんとも言えませんが、普通の講義みたいに先生の用意してくれた講義資料に乗っかって進めていくという形ではないので、そういったものを求めてる人は合わないと思います。

得られるものがあるか

ガバガバなので、やりたいと思ったことはたぶん全部やれると思います。新しい/気になる技術使ってみるとかで経験を積めると思います。

割とできる人が集まってくるイメージ(偏見)なので、そういった人たちに刺激を受けたり引っ張ってもらったりで、得られるものはあると思います。

ただ、どうしても趣味の延長線上みたいな感じがあって、周りの主専攻実験のテーマのほうが学術(?)ぽくていいなと思うことがありました。趣味の延長線上で単位が貰えると考えればお得なのかもしれません。捉え方の問題ですね。

COJTに興味ある人へ

ここまで読んでいただきありがとうございました。COJTについてなんとなくイメージがつかめたでしょうか。

COJTは前述の通り、他の主専攻実験と違って早めに募集があります。そしてただいま絶賛募集中です。

興味ある人はぜひエントリーしてみるといいと思います。やる気があればいいらしいので尻込みせずに応募するといいと思います。 また、情報学群以外の学生でも受講可能です。ぼくの1つ上には社会工学類と芸術専門学類の方がいらっしゃったはずです。

以上です、何か質問などがあればTwitter(@suzukidayoon) などで適当に連絡取ってくれればなんでも答えます。それでは。

2020下半期振り返り 2021の抱負

こんにちは、もう年末ですね。ぼくは暇してます、いややることはあるんですけど、課題みたいに締切に追われてるみたいなやつがなくて、フワフワしています。暇すぎて下半期まとめと来年の抱負を書きます。

上半期振り返りはこちら

szk18.hatenadiary.jp

大学関連

いやー、大変でしたね。一応履修的には4年生は卒検と専門英語を取ればヨシになりそうです。スカスカの時間割はアレなので興味のある講義を適当に取ります。

ほぼほぼオンラインの講義でした。

  • 朝早くに起きて暑い/寒いなか大学に行く必要がない
  • 自分の好きなタイミングで講義を受けることができる
  • 何度も講義動画を見ることができる

みたいな点で良かったかなと思います。期末試験もないものが多く、去年のようにヒンヒン言いながらテスト勉強することがなく良かったです。COJTを倒す。

バイト

長期のインターンをさせてもらってるんですけど、概ねいい感じです。 最近はFlutterやってるんですけど、よくわかんないなぁって感じです。 これからもがんばります。

就活とか

就職するか院に行くかでかなり迷っていたので、一応就活っぽいことしてました。 逆求人に参加したり、エントリーシート書いてみたり、面接してみたりしました。 結局、いろいろ考えて院に行くかの気持ちになったので院試の勉強します。

ちなみに4社くらいからお祈りされました。お祈り経験getだぜ。。

作業環境

圧倒的に家にいる時間が増えたので、ちょっとずつ整えました。これはこれでまとめると長くなりそうなのでザックリ書くと、

  • 机作った
  • HHKBとMX ERGO買った
  • 自作PC組んだ
  • 27インチモニタ買った
  • ゲーミングチェア(ゲームやらないけど)買った

などなどです。

でかい机を自作しました - 慎ましく生きます

デスクトップpcを組んでubuntuを入れました - 慎ましく生きます

気分が上がります。

f:id:szk18:20201227143818j:plain

趣味

どこかにフラッと行くのが好きなんですが、ぼけかすあほまぬけウイルスのせいでダメダメでしたね。原付で筑波山のほうに行ってみたりとかはしましたが、ほとんど出かけることができませんでした。

あ、最近競プロ頑張ってみようかなの気持ちになっています。

f:id:szk18:20201227145711p:plainf:id:szk18:20201227145715p:plain

ABCをガシガシ解いていっています。24日連続で提出しているらしい。

来年の抱負

研究室が決まったので、研究がんばります。チームの人がガチプロしかおらんみたいな状態になっとるので、どうにかしなければ。

あと競プロ頑張りたいです。具体的には緑になりたい。

いつものようにダラダラとおもんない文章になりました。それでは良いお年を。

Firefoxをビルドしよう!

2020年も早いものであと1週間らしいです。今年....(以下略)

きょうはFirefoxをビルドして徳を積みます。

手順

今回もDocker使いました。Ubuntu20.10を使いました。以下のページを見ながら準備していきます。

firefox-source-docs.mozilla.org

コンテナ作成/起動

sudo docker run -it -e DISPLAY=$DISPLAY --net host -v /tmp/.X11-unix:/tmp/.X11-unix ubuntu:20.10

パッケージ更新/追加

# apt update
# apt install python3 python git wget python3-pip

x11-appsのxeyesでGUIアプリケーションが使えるか確認しておきます

# apt install x11-apps
# xeyes

Mercurial を入れる。

Mercurial (マーキュリアル) は、ソフトウェア開発者向けの分散型バージョン管理システムである。

だそうです。

# pip3 install Mercurial

作業用ディレクトリ作成

# mkdir src && cd src

セットアップっぽいスクリプトをダウンロード&&実行

# wget https://hg.mozilla.org/mozilla-central/raw-file/default/python/mozboot/bin/bootstrap.py -O bootstrap.py && python3 bootstrap.py

ここでエラーがでました

root@suzuki-desktop:~/src# python3 bootstrap.py          
Cloning into mozilla-unified using Mercurial...
Destination directory for clone (leave empty to use default destination of mozilla-unified): 
Cloning Firefox Mercurial repository to /root/src/mozilla-unified
pulling from https://hg.mozilla.org/mozilla-unified
abort: error: Temporary failure in name resolution


Failed to pull from hg.mozilla.org.

This is most likely because of unstable network connection.
Try running `cd /root/src/mozilla-unified && hg pull https://hg.mozilla.org/mozilla-unified` manually,
or download a mercurial bundle and use it:
https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Mozilla/Developer_guide/Source_Code/Mercurial/Bundles

root@suzuki-desktop:~/src# cd /root/src/mozilla-unified && hg pull https://hg.mozilla.org/mozilla-unified
pulling from https://hg.mozilla.org/mozilla-unified
abort: error: Temporary failure in name resolution

なんか名前解決に失敗してるぽい(適当)。ググったらそれっぽい解決法が出てきたので試す。

vim 入れて /etc/resolv.conf をいじる。これは名前解決の設定ファイルらしい。

# apt install vim
# vim /etc/resolv.conf 

nameserver を 書き換える。

nameserver 8.8.8.8

再度 python3 bootstrap.py で成功しました。

Yn をめちゃめちゃたくさん聞かれたけど全部適当に答えてしまいました。まぁヨシ。

ビルドします、頭に time つけて時間計ります。

# time ./mach build

f:id:szk18:20201224195055p:plain

ビルドできました!30分くらいです。Chromiumより圧倒的に早い。

起動します。

# ./mach run

f:id:szk18:20201224195307p:plain

起動しました!やったね!!

おわりに

メリークリスマス!

Chromiumをビルドしよう!

2020年も早いものであと10日もないですね。今年なにかできるようになりましたか?成長できましたか?ぼくはダメでした。

来年こそはいい年にしたい。どうしたらいい。そうだ、Chromiumをビルドして徳を積もう。

はい、というわけでChromiumをビルドします。

How to build???

www.chromium.org

これを読めばできます。自分はDocker使ってやりました。

先人たちのブログがたくさんありますが、サッと見て雰囲気理解したらこっちをしっかり見たほうがいいです。

個人的詰まったとこ

Ubuntu20.04でうまくいかない

Most development is done on Ubuntu (currently 16.04, Xenial Xerus). There are some instructions for other distros below, but they are mostly unsupported.

Ubuntu16.04 を使いましょうって話でした。はい、しっかり読んでいませんでした。

Build オプション

gn args out/Default でビルドオプションが設定できます。

Checking out and building Chromium on Linux

ここ読みましょう。ぼくは以下のようにしました。

enable_nacl=false
symbol_level=0
blink_symbol_level=0

Use Icecc のオプションつけたら失敗しました、ので上記の状態になってます。

こまごま

なにか足りないツールがあったら「これインストールしてね!」って言ってくれるのでそれに従えばいいです。git python curl あとなにか1つあった気がします。

結果

f:id:szk18:20201224014608p:plain
CPU使用率100%
f:id:szk18:20201224093728p:plain
成功しました

ビルドできました。i5-9400で3時間半ほどでした。

起動

起動しません!なぜ、、、

libGL error: MESA-LOADER: failed to retrieve device information って1番最初に出るのですがよくわかりませんでした。まぁビルドが目的だし...(諦めの顔)(3時間くらい調べてわかんなかった)(解散)

おわりに

研究室も決まったし来年は今年以上にがんばりをしていきたいです。もっと頑張るにはもっと徳を積んだほうがいいかもしれない。またなにかビルドするかもしれません。普通に起動できないのくやしい。

Dart DateFormat 変換 日本語

Dartで日時を表すクラスは DateTime class ぽいです。

DateTimeをいい感じに変換するためには DateFormat class の各種名前付きコンストラクタと format メソッドをつかうぽい。日本語での日時の表示をするには、intl パッケージを使う。

Flutter で日本語対応するときには、公式で紹介されている flutter_localizations パッケージを使うと思う。このパッケージを入れると intl パッケージも一緒にくっついてくる。

本題としては、Flutter でDateTimeを日本語でいい感じに表示するときに、どの名前付きコンストラクタを使ったらいいかパッとわからなかったので個人的メモ。正直、雰囲気で察して試したり、以下のページ見れば十分だと思う。

github.com

各種名前付きコンストラクタを使ってみる。

final time = DateTime.parse('2020-12-22 21:43:20.585096');
print(DateFormat.xxx('ja').format(time)),
名前付きコンストラク result
DateFormat.d() 22日
DateFormat.E()
DateFormat.EEEE() 火曜日
DateFormat.H() 21時
DateFormat.Hm() 21:43
DateFormat.Hms() 21:43:20
DateFormat.j() 21時
DateFormat.jm() 21:43
DateFormat.jms() 21:43:20
DateFormat.jmv() -
DateFormat.jmz() -
DateFormat.jv() -
DateFormat.jz() -
DateFormat.LLL() 12月
DateFormat.LLLL() 12月
DateFormat.M() 12月
DateFormat.m() 43
DateFormat.Md() 12/22
DateFormat.MEd() 12/22(火)
DateFormat.MMM() 12月
DateFormat.MMMd() 12月22日
DateFormat.MMMEd() 12月22日(火)
DateFormat.MMMM() 12月
DateFormat.MMMMd() 12月22日
DateFormat.MMMMEEEEd() 12月22日火曜日
DateFormat.ms() 43:20
DateFormat.QQQ() Q4
DateFormat.QQQQ() 第4四半期
DateFormat.s() 20
DateFormat.y() 2020年
DateFormat.yM() 2020/12
DateFormat.yMd() 2020/12/22
DateFormat.yMEd() 2020/12/22(火)
DateFormat.yMMM() 2020年12月
DateFormat.yMMMd() 2020年12月22日
DateFormat.yMMMEd() 2020年12月22日(火)
DateFormat.yMMMM() 2020年12月
DateFormat.yMMMMd() 2020年12月22日
DateFormat.yMMMMEEEEd() 2020年12月22日火曜日
DateFormat.yQQQ() 2020/Q4
DateFormat.yQQQQ() 2020年第4四半期

なにやってるんだろね。

coins研究室配属概論

こちらの記事を見かけたのでcoins版も書いてみます

argonism.hatenablog.com

こちらの記事みたいにメチャ丁寧に書ける気がしないのでそこらへんはお手柔らかに。

はじめに

研究室配属はかなり重要なイベントです。が、ネット上で得られる情報は少ないです。 知っておけるなら知っとくに越したことはないのでざっくりとまとめておきます。これは2020年度の研究室配属の話になります。お気をつけください。

卒業研究履修要件

研究室に配属されるには卒業研究の履修要件を満たしている必要があります。 履修要覧に書かれているはずなので各自確認してみてください。 普通に講義受けて普通に単位とってれば大丈夫だと思います。

coins18 と coins19の間で進級や卒業に必要な単位が大きく変わっているので各自確認をしてください。

スケジュール

今年のスケジュールはあんまり当てになんないかもしれないけどこんな感じでした。

  • 10/2(金) 研究室配属説明会
  • 10/2(金) ~ 10/30(金) 研究室見学
  • 11/2(月) ~ 11/5(木) 登録受付期間
  • 11/10(火) ~ 11/13(金) 学生による自主調整期間
  • 11/18(水) ~ 11/25(水) 教員による学生の選択期間
  • 11/30(月) 配属決定

スケジュールに沿って各イベントを説明していきます。

研究室配属説明会

1番最初のイベントです。研究室配属とはなんたるかを説明してくれます。秋学期の最初の主専攻実験の時間を使ってオフライン/オンラインで開催されました。大事なので参加しましょう。リマインドのメールがたくさん届きます。

研究室見学

研究室配属説明会が終わると約一ヶ月の研究室見学の期間が始まります。 各研究室がそれぞれの形式で研究室の説明会を開催してくれます。 学生は自分の興味を持つ研究室の見学に行きます。今年はZoom/Teamsを用いたオンラインでの開催だったり、研究室に行く現地開催だったりと研究室によってまちまちでした。

毎日どこかしらで研究室見学をやっているので、どこに行くか全然決まっていない人はとりあえずいろいろなところに行ってみるのがいいと思います。実際に見学することで研究室の雰囲気を知れたり先輩から情報を仕入れたり比較ができるようになったりします。まぁ行き過ぎると疲れるのでほどほどがいいと思います。友人といい感じに情報共有しながら進めるといいんじゃないかな。

1つの研究室見学にしか行かない人もいましたが、ぼくは複数の研究室見学に参加することを強くおすすめします。

また研究室によっては、第一希望に出す条件として面談をする必要があるところもあります。これも研究室によってまちまちなのでしっかりチェックしましょう。ここで面談をした研究室は教員による学生の選択期間で面談をすることはないと思います。

登録受付期間

Webシステムを用いて自分の希望する研究室を登録します。今年は登録の開始でゴタゴタがあってその日の昼過ぎから登録ができるようになりました。0時まで起きてパソコンの前で待機していた人たちは先制パンチ!に失敗していました。

このWebシステムではどの研究室に誰が希望を出しているかをリアルタイムで確認することができます。(学籍番号が表示されます)(名簿はあるので毎年学籍番号から名前を出すchrome拡張が作られているらしい)(うわさ)

この期間中は第一希望しか登録することができません。また、期間中であれば何度でも登録し直すことができるため、研究室を希望している人数を見て第一希望を変えることができます。

登録受付期間が終わったタイミングで希望者数が受け入れ学生数を超えてないところは配属確定になります。おめでとうございます。研究室希望1次調査結果としてその日のうちに公開されます。

残念ながら希望者数が超過している研究室はバトルが始まります。気合を入れましょう。

学生による自主調整期間

自主調整期間(笑)です。学生同士で話し合っていい感じに決定してね♡という期間らしいですが、実際に話し合いが行われることは稀だそうです。自分の周りでも自主調整が行われたという話は聞きませんでした。

Webシステムでは第二希望を登録することができるようになります。また、第一希望を変更することも可能です。 ほとんどの研究室では動きがなくそのまま教員による学生の選択期間に入ります。

教員による学生の選択期間

第一希望が溢れたままの研究室は教員が受け入れ学生を決めます。ここで学生と教員の面談が行われることが多そうです。面談の日程調整は研究室ごとに行われるっぽいです。

第一希望が受け入れられなかった学生は、第二希望の研究室に配属されます。第二希望でも競合が発生した場合は11/27(金)(推薦休み) に総合研究棟Bの1階で直接対決があります。

教員による学生の選択期間が終わった次の日に研究室配属の現状報告というメールが全員に届きます。これに加えて直接対決する必要がある人たちだけに別途メールが届きます。つまりここで直接対決のメールが届かなければ第一or第二希望で確定しているということです。もやもやした気持ちで月曜日まで待つ必要があります。

配属決定

昼過ぎにWeb上で公開されました。長かった研究室配属バトルも終わりです。お疲れ様でした。

Tips

研究室の情報はどこから得られるのか

WORD部屋の人が研究室紹介号を作ってくれます。研究室配属説明会のときに配られるのでこちらを見るといいでしょう。またそれぞれの研究室のWebページで情報を公開してくれたりするところもあります。

これより前に研究室の情報を知りたかったら、以下のようなページを見たりするといいのではないでしょうか、若干古い気がしますが。

www.coins.tsukuba.ac.jp

[なにかあれば追記します]

おわりに

だらだらと読みにくい文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。 これから研究室配属をされる人たちの役に立てば幸いです。

念を押しておきますが、これは2020年度情報科学類における研究室配属の話であり、学類や年度によって大きく変わる可能性があります。

TOEICを受けました

はじめに

11/15 に第257回のTOEICを受けました。難しかったです。時間が足りませんでした(みんな言うやつ)。結果とやったこと書いておきます。

結果

f:id:szk18:20201203122334p:plain

やったこと

#TOEIC公式みんなで模擬受験

TOEIC関連で最初にやったのがこれです。ツイッタで流れてきて知りました。カレンダーを見るとぼくは6/28 にやったようです。このときのスコア(参考スコア換算表による)は600いかないくらいだったと記憶しています。さすがにまずいかぁと思って勉強しようという気になりました。

#TOEIC公式みんなで模擬受験|【公式】TOEIC Program|IIBC

mikan TOEIC公式英単語2500

「単語力、単語力」と高1のときの英語の先生が言ってましたね。とりあえず単語やっとくかの気持ちでやりました。結局2周ほどやりました。

<追記>

mikanどうやってポイント付いてるかわからないけどこんなものがあったので目安として貼っておきます。

f:id:szk18:20201206173337j:plain

<追記終わり>

公式TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編/リーディング編

編入生の誰かの記事に書いてあったのでメルカリで購入しました。2冊で1800円、書き込みもなく安く手に入れることができました。8/15にやり始めて、1日おきにやったり週末にやったりと適当な感じで1.5周くらいやりました。

www.iibc-global.org

TOEIC講座(大学の講義?)

講座といっても大学が契約している ALC NetAcademy Nextのコースを進めるだけのやつです。600点突破コースを11/2 - 11/13にかけてやりました。

www.alc-education.co.jp

おわりに

初めての公開テストにしてはそこそこなのではって感じです。1月の試験は800目指して勉強しようと思います。

若干満足している感があるので頑張れるかは不明。